夢のヘラクレス

「誕生日プレゼントは、モノより生き物がいい!」
などと、息子が珍しく非草食男子的なことを言ってくれたので、ヘラクレスオオカブトを5月の連休に買ってしまった。あのカウンタックなどのスーパーカーと同じく、夢の「ヘラクレス」が、家で飼える時代がくるとは思いもよらなかった。

このヘラクレスオオカブト、これまで知っている日本のカブトムシのイメージとはけっこう違う。どちらかというと、フンコロガシに近いかもしれない。

夜通し木が軋むような音がしているな、と思って、息子と朝起きてみると、直径10センチはある丸太が、水槽の端から端まで運ばれていたりする。それだけではなく、分厚い木の皮がまるで鉛筆のように削られていたりする。

まるで、木こりだ。

あの尖った二本の角を土に突き刺して、丸太をぶんぶん振り回している姿を見てしまったこともある。じっと観察していると、なに見てんだよと、頭を闘牛のように上下する。ツノの挟まれようものなら、丸太のようにえぐられてしまうかもしれない。なかなかいい緊張感を醸し出してくれる。よほど、居心地がいいのか。図太いのか。蓋をあけていても、逃げようとはしない。そんなところも、およそムシらしくない。

こうして夏の黄金シーズンは、ヘラクレスが先に迎えた。少し遅れて息子の受験勉強が熱を帯びていった。ヘラクレスが働けば、息子もふんばった。それはまるでライバル関係のようにも見えた。

やがて9月になり、金色だった背中がすっかり黒色になると、ヘラクレスの方がいくぶん大人しくなった。人間でいえばおじいさんということらしい。そこで生きているうちに、ハレの舞台もいいだろうと、息子の幼稚園に貸し出しだすことにした。(あんまり元気すぎると危ないし、息子のいい経験にもなるし)

ところが10月になると、再び木こりとしてカムバックし、我が家に戻ってくる。
「ヘラクレスオオカブトって、不死身なの?」
そう息子に尋ねられたときには、
「そうだなあ。普通は6ヶ月くらい生きるものらしいけど、
 このヘラクレスは冬を越すかもしれないなあ」
と、笑ってこたえていた。

だからこそ、油断していたのかもしれない。息子の受験も、いよいよ佳境を迎えていたせいもある。
11月7日。息子の二次試験の結果が封書で送られてきた翌朝。ヘラクレスは、生きていた姿とまったく同じ姿勢のまま動かなくなっていた。その前々日くらいから、突然の寒波が襲っていたのに、つい後回しにしまっていたのだ。

数日後、息子と一緒に前の公園に埋めてから、ヘラクレスに敬礼。
しみじみと息子の成長ぶりを実感した楽しい7ヶ月間だったと思う。
それにしても、おもしろいやつだったな。
(内藤まろ)

カテゴリー: 未分類 | 夢のヘラクレス はコメントを受け付けていません。

つかめたよ!

つかめたよ! 
朝から元気に娘が駆け寄ってきたので、
なにをつかんだのかと思えば、
握力を鍛えるハンドグリップで、テレビのリモコンをはさんでいた。
おいおい、それははさむものではないぞ。
そんなことはおかまいなしに、あらゆるものをつかんでは、
放り投げている。
今日も朝から好調のようだ。

そんな娘の最近のお気に入りは、
その辺にあるものを、片っ端から、
「はい、どうぞ」と、とってくれることである。
あるとき、娘の「はい、どうぞ」と声がしたので、顔をあげると、
バーベルをこちらに手渡そうとしていた。
ほんの数ヶ月前には、足の指の上に落として大泣きをしていたのに、
そんなことは、関係ないらしい。

つい先日は、娘がかぶりつきでテレビを見ていたので、
「⚪︎⚪︎ちゃん、近いよ」と何度かたしなめると、
ふりむいた娘の鼻から、体温計がぶらさがっていた。

意表をつかれて、笑い転げていると、
娘が大真面目な顔をして、こちらに近づいてくる。
そうして、そのまま抱きつかれると、今度は頬をかんできた。

内藤まろ

カテゴリー: 未分類 | つかめたよ! はコメントを受け付けていません。

熊本の皆さん、案じてますよ

カテゴリー: 未分類 | 熊本の皆さん、案じてますよ はコメントを受け付けていません。

アイスクリーム

「きゃあ、ぜんぶたべちゃったのお!」

つれの声がして、また娘がおかしでも食べちゃったのかと思って

聞き流していたら、食べられていたのは自分が夜食用に買ってきたさば寿司だった。

目の前には残念な、食い散らかされた光景がある。

「だから、下においちゃダメなのよお!」

おいちゃダメって、うちには猿でもいるのか。

それにしても、箱の上からビニールで包装されているのを、

どうやって開けたのだろう。

と、そういえば娘は手先が器用だったことを思い出す。

つかんだら決して離さないほどの腕力があるし、指先の力はもっとすごい。

指で紙やビニールを突き破るのを、何度も見たことがある。

「⚪️⚪️ちゃん、すっごーい! うちの娘の1日分くらい飲んでるう!」

ある日、シッターさんの声を聞いて、何ごとかと近づいてみると、

娘がジュースのパックを一気飲みしているところだった。

喉を鳴らしながら、パックの底を180度、天に向けている。

大人の自分にすらできそうもないくらい、屹立させている。

そうして、完全に飲み干すと、

プハーッ、ひときわ大きな満足の声をあげた。

おっさんも顔負けどころか、ある種の清々しささえ漂っている。

そんな娘の、ぱんぱんにはりつめているお腹をなでて

「ここには、なにが入っているの?」

と尋ねると、

娘は、

「アイスクリーム!」

とこたえてくれた。

(内藤まろ)

カテゴリー: 未分類 | アイスクリーム はコメントを受け付けていません。

マンゴーうさぎ

子供ふたりを風呂に入れてから、ひとりで湯船につかっていると、
脱衣所で息子とつれの話す声が聞こえてくる。
すると、
「マンゴーうさぎぃ?」 
つれの素っ頓狂な声が耳に入ってきた。
「マンゴーうさぎじゃない!」
すかさず娘のツッコミが入る。
(最近、じゃない!というツッコミを覚えたばかり)
 
 なんだそれは、と思わず耳をそばだてていると、
「あっ」
 と、体を拭かれている息子が呟いた。
「マンゴーうさぎじゃなかった」
 なんなんだよ、おい? 
「まごうさぎだよ」
「まごうさぎ?」
 つれと一緒に、心でツッコミを入れる。
「ま、ご、う、さ、ぎ。まごのうさぎだよ」
 息子が大真面目で言うと、
「そうか。まごうさぎか」
 と、つれが本気で納得した模様。
 おいおい、本当に、それでいいのか? 
 すると、息子がとくい気に歌を口ずさみはじめた。
 
 わたしゃおんがくか、まごのうさぎ〜♪
 じょうずに⚪︎⚪︎をしてみましょう〜♪

 「山のおんがくか」にそんな歌詞あったか?
                   (内藤まろ)

 

カテゴリー: 未分類 | マンゴーうさぎ はコメントを受け付けていません。

どうぶつゼリー

 息子とコンビに行ったところ、
 めざとくゼリーをみつけて手にぶら下げて戻ってきた。
 袋にはたくさんのどうぶつのイラストと、
 どうぶつゼリーの文字がかいてある。

「これって、どうぶつにあげるゼリーでしょ」
 息子が言った。
「ちがうよ」
「だからあ、どうぶつにあげるんでしょ」
 ははあ。こないだ、鹿に餌をやったばかりだから、
 どうぶつにあげるゼリーと勘違いしているのだな。

「これは、にんげんが食べるもので、どうぶつにあげるものじゃないよ」
 そう言うと、息子はしばらく混乱したような顔をしていたが、
 ゼリーを陳列棚に戻した。

 別のお菓子を買うことにして、レジに並んでいたところ、
「○○ちゃん、やっぱりどうぶつゼリー買ってくる!」
 息子がかけ出していった。
 そうして、息を切らして戻ってくると、
 手にはどうぶつゼリーがぶら下げられている。
 
 すると、息子が店中に轟く声で言った。
「すいませーん、これって、どうぶつにあげるゼリーじゃないんですかあ?」

 問われて困惑する店員と、含み笑いをする客。
「わかった。とりあえず、これを買うとしよう」
「パパ、ありがとう!」
 こうして、わが家には、どうぶつゼリーがある。
                (内藤まろ)

 
 
 
 

カテゴリー: 未分類 | どうぶつゼリー はコメントを受け付けていません。

かぶとむし

我が家のかぶとむしは、ついこないだまで生きていた。

息子が、茨城の義父からもらってきたものだ。

人間でいえば、100歳近くは生きたのではなかろうか。

最後くらい放してあげた方が、と思う反面、

最後に放すのはかえって酷かもしれない、と思いなおし、

横に加湿器を置きながら、殆ど介護状態で、砂糖水を口元にもっていきながら、

もしかしたら、冬を越すのではないか、と期待したものだ。

だが、やはり自然の摂理にはかなわない。

カラスに仲間を食べ尽くされ、本人も足の先をほとんど失った状態で、

人間に保護(捕獲)されたかぶくん。

その一生は、果たして幸せだったのだろうか。(内藤まろ)
              

カテゴリー: 未分類 | かぶとむし はコメントを受け付けていません。

さんまとヨダか

家の冷蔵庫にでっぷりと太ったさんまが三匹並んでいたので、楽しみにしていたら、
翌日にはもういなくなっていた。

嫌な予感がして、つれに「あのさんま、どうしたの?」と尋ねると、
「あら、食べたかったの?」という返事。
食べたかったに決まっているじゃないか。

「子供たちが、食べちゃったからしょうがないよ」つれは、さらに追い打ちをかける。
うちの子は、まだ五歳と二歳じゃないか。旦那の分くらい、とっとけるだろう……。

「でもね、○○ちゃんが、一匹半くらい食べちゃったのよ」つれが、腕組みをする。
「……○○ちゃんか」思わず、ため息をつく。

知っている。うちの娘は、平気でおとな一人分くらいたいらげる。
1、5リットルのペットボトルを持って、ラッパ飲みをしている姿もよくみかける。
そして最後に決めぜりふのように、いう。
「パパの分、のんじゃった」
ぱんぱんにはりつめたお腹を、さらにせりだして。

そういえば、先日のヨダかのプレオープンの際、
うちの娘の姿を見た同期のひとりが言っていた。
「もしかして、この鳥のモデルって、○○ちゃんじゃないの?」

そうだ。
ヨダかの絵を描いている途中、なんとなく娘の姿が浮かんできて、
できあがってみたら娘に似ていたのだ。

だから、娘には感謝しなくてはならないかもしれない。
さんまくらい、笑ってゆずる大人の余裕を持つべきかもしれない。
さんま、とヨダか。共通点は、でっぷりとせりだしたお腹かな。(内藤まろ)

カテゴリー: 未分類 | さんまとヨダか はコメントを受け付けていません。

日本は本当に法治国家なのか?

今、自分の身の回りには、相手の人間が特定できない

吉松育美さん事件と似たような状況が起きています。

おそらく、別のもっと大きな力だと思います。

もしやめてくれるのなら、これ以上は触れるつもりはありませんが、
(つれにも迷惑かけたくないので)

安倍政権、そして安倍夫人には、アメリカと連携した

人権に関するさらなる整備をぜひとも期待します。

                     (内藤まろ)

カテゴリー: 未分類 | 日本は本当に法治国家なのか? はコメントを受け付けていません。