かぶとむし

我が家のかぶとむしは、ついこないだまで生きていた。

息子が、茨城の義父からもらってきたものだ。

人間でいえば、100歳近くは生きたのではなかろうか。

最後くらい放してあげた方が、と思う反面、

最後に放すのはかえって酷かもしれない、と思いなおし、

横に加湿器を置きながら、殆ど介護状態で、砂糖水を口元にもっていきながら、

もしかしたら、冬を越すのではないか、と期待したものだ。

だが、やはり自然の摂理にはかなわない。

カラスに仲間を食べ尽くされ、本人も足の先をほとんど失った状態で、

人間に保護(捕獲)されたかぶくん。

その一生は、果たして幸せだったのだろうか。(内藤まろ)
              

カテゴリー: 未分類 パーマリンク