アイスクリーム

「きゃあ、ぜんぶたべちゃったのお!」

つれの声がして、また娘がおかしでも食べちゃったのかと思って

聞き流していたら、食べられていたのは自分が夜食用に買ってきたさば寿司だった。

目の前には残念な、食い散らかされた光景がある。

「だから、下においちゃダメなのよお!」

おいちゃダメって、うちには猿でもいるのか。

それにしても、箱の上からビニールで包装されているのを、

どうやって開けたのだろう。

と、そういえば娘は手先が器用だったことを思い出す。

つかんだら決して離さないほどの腕力があるし、指先の力はもっとすごい。

指で紙やビニールを突き破るのを、何度も見たことがある。

「⚪️⚪️ちゃん、すっごーい! うちの娘の1日分くらい飲んでるう!」

ある日、シッターさんの声を聞いて、何ごとかと近づいてみると、

娘がジュースのパックを一気飲みしているところだった。

喉を鳴らしながら、パックの底を180度、天に向けている。

大人の自分にすらできそうもないくらい、屹立させている。

そうして、完全に飲み干すと、

プハーッ、ひときわ大きな満足の声をあげた。

おっさんも顔負けどころか、ある種の清々しささえ漂っている。

そんな娘の、ぱんぱんにはりつめているお腹をなでて

「ここには、なにが入っているの?」

と尋ねると、

娘は、

「アイスクリーム!」

とこたえてくれた。

(内藤まろ)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク